セフレにしやすい属性とは人妻・元カノ・女友達?

セフレがほしいと叫ぶ男性は昔から多かったわけですが、近年は「草食系男子」の増加増殖によって、女性のほうがむしろ「セフレがほしい!」と考える人が増えてきている印象があります。もちろん女性だって、傾向として男性ほど口に出さない、動作に表さないだけで、基本的には男性と同じだけの性欲があることに違いはありません。しかし、意外な事実としていえることは、そんな思いに迫られている女性の中でも、特に「人妻」にその傾向が顕著であるということなのです。
よく、出会い系サイトなどでセフレを探そうとしていろいろとみていると、近年特によく目にするのが「人妻専門サイト」です。私もこの手のサイトを初めて目にしたときには、「人妻なんだから、そんな出会いを求めているはずがないではないか・・・」と考えたものですが、実際のところ、そういう問題ではなかったのです。
セフレがほしいと考えている男性にはよく覚えておいていただきたいのですが、それは、「人妻だから出会いを求めていることなんてありえない」のではなく、「人妻だからこそ、出会いを求めている!」というその事実です。ですから、よく目にする「人妻専門サイト」などというサイトは、そのサイトが優良サイトか悪徳サイトかは別として、コンセプトとしては非常に正しい方向性を示しているということになるのです。そして同時に、「セフレを探すなら、やっぱり人妻だよな」などと考えている男性は、「何をとんちんかんなことを言っているのだ!」と批判するのではなく、「実によくわかっている」と称賛を与えるべきなのです。
もちろん、若い女の子には若い女の子の魅力がありますから、人妻ではなく、若い女の子をセフレとして迎えたいと考える人も少なくないはずですが、しかし、人妻だって若い女の子にはない、そして独身女性にはない特有の魅力があります。しかも特にセックスが絡むとなると、その魅力は増大します。
もちろん若い女の子がいいと言い張るのであればそれは止めませんが、ぜひ一度、人妻とのセックスを味わっていただきたいと思います。もしかしたら、それで納得できるかもしれません。

元カノをセフレに!?

恋人との別れは、女性にとっては「大きな心の傷」ができてしまうというような話をときおり耳にしますが、実をいうと、これは男性であっても基本的には変わりありません。もちろん、個人差があるので、一度そういった大きな傷をつくったとしても、その後前向きに立ち直る、あるいはそのように見える人もいますが、それは女性であってもまったく同じことであるといえるはずです。
そこで、これはかなりレアケースになると思うのですが、そういった精神的な傷を最小限にとどめる方法を実践している男女のエピソードをご紹介したいと思います。そのエピソードとは、「元カレ、元カノがセフレの関係になった」という内容です。
恋人の関係というのは、もちろんセックスも非常に重要なファクターではありますが、それ以外のところにもとても重要なファクターが必要になります。もちろんセックスが原因で別れることになってしまうということも考えられなくはありませんが、基本的にはそれ以外のところで「不一致」が生じてしまうことになることのほうが圧倒的に多いのではないかという気がします。
しかし、もしその「セックス以外の部分」に不一致があったとしても、セックスの部分では相性が抜群だったという場合、これは男女とも性欲を持つ人間である以上、新しい恋人とのセックスのあとに、「前の彼氏、彼女だったらなぁ・・・」と、ついつい振り返ってしまうことも実際あるとは思います。そんなとき、「セフレ」としてもう一度やり直すことは十分可能なのではないかという気がします。
もちろん、セックス以外の部分で不一致が生じてしまったのだから、互いにもう性欲さえなくなってしまうこともあるかもしれませんが、意外と時間の経過とともに、別の男女との交わりを経て、いかに前の彼氏、彼女とのセックスが貴重なものであったのかを思い知らされることというのはあるものです。そういったタイミングでは、「セフレ」の対象として、前の彼氏、彼女を思い出してみるという考え方もあながちなくはないかな・・・という気もします。

女子高生のセフレがほしい!

男性から見て、セフレの対象となる女性の年齢層はかなり広いというのが一般的です。最近では、30代後半から40代にかけての、いわゆる「熟女」と呼ばれる女性がセフレのターゲットとなるケースは多いです。しかし、やはりどうしても「若い女性でなければイヤだ!」という男性の気持ちもわからないではありません。正直言って、熟女と比較すれば若い女の子をセフレにすることのほうがはるかにハードルが高いと言って間違いないでしょう。中でも、もっともハードルが高くなるのが、「女子高生のセフレを持ちたい!」という願望ではないでしょうか。
確かに、女子高生の時期というのは、子供から大人への階段を登る途中ということもあって、ほかの世代では絶対に味わうことができない肉体の性的魅力にあふれる時期であることは間違いありません。ですから、それだけでもう「女子高生をセフレに持つ」という価値があることになります。
しかし近年、未成年がかかわった性犯罪が多く、しかもちょうど高校生くらいの女の子がその被害者になってしまっているという事実もあって、実際にはそのあたりのガードはかなり固くなっているといえるはずです。もちろん、高校3年生の女子高生であれば、「18歳以上」である可能性もあるわけですから、セフレに迎えること自体は違法ではありません。とはいえ、一般的なモラルからすると、なかなか難しいというのが実際のところになるのではないでしょうか。
それでもこっそりと女子高生をセフレに迎えたいという男性も当然いるわけで、その場合は、やはりこっそりと相手を探すしか方法はないでしょう。ただし、その場合でも、どんな事情があろうとも、相手の年齢には十分注意しなければなりません。たとえ高校3年生であったとしても、18歳未満の少女である可能性もあるわけですから、このあたりは厳密に事前チェックしておく必要があります。

女子大生のセフレがほしい!

男性がセフレの対象としたい年齢として、一番人気が高いのが、「女子大生」ということになるのではないでしょうか。何しろ10代後半〜20代前半ということで、女子の肉体的な魅力という意味では人生で一番大きい時期に差し掛かっているわけですから、この世代の女の子をセフレに持ちたいと考える男性は自然と多くなるわけです。
中には、女子高生くらいのもっと若い世代の女の子を好む男性もいますが、しかしなぜ女子大生のほうが人気が高いかというと、やはり女子高生を相手にセックスしてしまうと、それだけで犯罪になってしまうリスクがつきまとうからにほかなりません。そこにいくと、女子大生であれば、そういった心配が生じることは基本的にはあり得ません。
昔から「女子大生」というだけで、映画やドラマの主人公に抜擢されるケースが多かったですが、これはやはり女性としての性的魅力がもっともあふれている時期であると同時に、やはり、高校時代にセックスを知り、大学に入ってからは本格的にセックスの良さを理解できるようになった女の子が「大人の女性」の一面を備える時期であるということとも関係しているでしょう。そういう時期の女の子が目の前にいれば、どんなカタブツの男性だって、そういう目で見てしまうことは避けられないはずです。
女子大生というと、やはり女子高生にくらべればはるかにその交友関係も広くなりますので、もし男性が女子大生をセフレとして迎えたいと考えるのであれば、うまくすると「つて」を頼ってそういった女子大生のところにたどりつくことができないこともないでしょう。しかし、そういったつてがない男性となると、やはりネット上の出会いなどを模索することが一番手っ取り早いということになるのではないでしょうか。
女子大生というだけで、遊び相手には事欠かないわけですから、そんな女の子をセフレとすることは非常に難しいことであるように感じられるかもしれませんが、しかし、さすがに女子高生ほどハードルは高くないはずです。その意味でも、ある程度しっかりとターゲットをしぼって、そしてまたある程度しっかりと時間をかけて、お相手を探してみるというのも悪くない選択肢だと思います。

女友達がセフレになるのか?

男性がセフレの対象としたい年齢として、一番人気が高いのが、「女子大生」ということになるのではないでしょうか。何しろ10代後半〜20代前半ということで、女子の肉体的な魅力という意味では人生で一番大きい時期に差し掛かっているわけですから、この世代の女の子をセフレに持ちたいと考える男性は自然と多くなるわけです。
中には、女子高生くらいのもっと若い世代の女の子を好む男性もいますが、しかしなぜ女子大生のほうが人気が高いかというと、やはり女子高生を相手にセックスしてしまうと、それだけで犯罪になってしまうリスクがつきまとうからにほかなりません。そこにいくと、女子大生であれば、そういった心配が生じることは基本的にはあり得ません。
昔から「女子大生」というだけで、映画やドラマの主人公に抜擢されるケースが多かったですが、これはやはり女性としての性的魅力がもっともあふれている時期であると同時に、やはり、高校時代にセックスを知り、大学に入ってからは本格的にセックスの良さを理解できるようになった女の子が「大人の女性」の一面を備える時期であるということとも関係しているでしょう。そういう時期の女の子が目の前にいれば、どんなカタブツの男性だって、そういう目で見てしまうことは避けられないはずです。
女子大生というと、やはり女子高生にくらべればはるかにその交友関係も広くなりますので、もし男性が女子大生をセフレとして迎えたいと考えるのであれば、うまくすると「つて」を頼ってそういった女子大生のところにたどりつくことができないこともないでしょう。しかし、そういったつてがない男性となると、やはりネット上の出会いなどを模索することが一番手っ取り早いということになるのではないでしょうか。
女子大生というだけで、遊び相手には事欠かないわけですから、そんな女の子をセフレとすることは非常に難しいことであるように感じられるかもしれませんが、しかし、さすがに女子高生ほどハードルは高くないはずです。その意味でも、ある程度しっかりとターゲットをしぼって、そしてまたある程度しっかりと時間をかけて、お相手を探してみるというのも悪くない選択肢だと思います。

身近な女性をセフレにすることは可能か?

かつて、セックスに関する欲求不満といえば、男性ばかりが抱えているうやむやだったようなイメージが正直あります。しかし、近年はいわゆる「草食系男子」と呼ばれる男性が増加しているせいか、セックスに関する欲求不満はもはや男性だけのものとは言えなくなってきているといえます。ですから、少子高齢化社会をつくりあげている最大の原因である「晩婚化」は、当然急加速しているわけです。
かつては、男性が女性のセフレを探したいと考えるのは、決して珍しいことではありませんでした。インターネットの環境が整っていないという理由で、そのことがあまり取りざたされるシーンがなかったというだけのことであり、男性の頭の中はセックスのことばかり・・・というのは、むしろ健全な証拠であるといって差し支えないと思えます。
しかし近年はどうかというと、恋人がいない男女が増えてきている関係から、どうしても女性のほうが、セフレをほしいと考えるようになってきているフシがあるのです。これは、少し前であれば考えられないことでしたが、しかし全然相手にしてもらえない、見向きもされない女性が増えているわけですから、そのような動きがみられるのも当然といえば当然でしょう。
インターネットを利用しての出会いが全盛の今、セフレを探すのであれば、インターネットを利用して・・・という先入観はおそらくだれにでもあることでしょう。しかし実際のところ、インターネットを利用しなくても、セフレをつくっている男女はけっこうたくさんいます。
これはひとえに、ひと昔前よりも女性がセックスに対して前向きになってきているということが明確になってきた結果であるといえるわけです。何しろ、従来であれば、身近なところでセフレをつくるなんて、周りの目が気になってしまうことで、決して望まれる形ではなかったのではないかという気もします。
もちろん、インターネットを利用してセフレをつくろうとして知り合った女性が偶然にも身近な女性だったというケースがまったくないわけではありませんが、そうした偶発的なことではなく、もっとメカニカルな理由で、身近な男女がセフレの関係を結ぶケースは非常に増えているのです。

ライン掲示板でセフレを探す

インターネットが通信手段の主流となって以来、「セフレ」ということばを盛んに目にするようになってきた印象もありますが、しかしその実、セフレの歴史は意外と古く、何も最近になってはやってきたものというわけではありません。ただ、ネット上に数多くの「セフレ」のことばが踊るようになってきたのは事実であり、人々の関心もますます高くなってきているのではないでしょうか。
インターネットの環境が整備される前からセフレという概念は存在していたわけですから、今はもうインターネット上の出会い系サイトなどを利用してセフレを探すにしても、その前はいったいどんなサービスを利用してセフレを探していたかということが気になるところだとは思いますが、実は、「テレクラ(テレフォンクラブ)」というサービスを利用していたケースが多かったです。
で、今はどうかというと、先ほども言ったように、「出会い系サイト」を利用するケースが主流ですが、しかし近年新たに、「ライン掲示板」をその手段とする人も増えてきているのです。
おそらくみなさんもご存知のスマホ向けアプリ「LINE(ライン)」という(基本は)無料のサービスが非常に高い人気を誇っていますが、実は、「ライン掲示板」というのも、このLINEから派生する(基本は)無料のサービスです。このサービスを利用して、セフレを探すという人も非常に多くなっており、その効果もなかなか高いという評判があります。
スマホがあれば、だれでも簡単にインストールすることができるアプリなので、セフレを探したいと考えている人は、LINEアプリをインストールして、ライン掲示板を利用してみてはいかがでしょうか?自分ではまったく想像もしていなかった、思いもよらぬよい出会いがあるかもしれませんよ。ぜひチャンスを引き寄せてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ